エンジニア中心のスタートアップで デザイナーができること

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23

受託会社からスタートアップの事業会社へ転職し、デザイナーとしての役割やワークフローが大きく変わりました。その中でなぜXDを取り入れたのか、どのように活用したか、そしてエンジニア中心のチームで1人デザイナーとしてできることをまとめました。
ディレクターやマーケーター、エンジニアとの橋渡し役となるデザイナーに求められることは、フローにあったコミュニケーションをとり、ツールはあくまでそれを補助してくれるものであること、デザイナーだけでなくチーム全体に課題を共有し、解決にあたることだと感じました。
スタートアップや組織で1人デザイナーしてる人、そういうところに行きたけど不安な人、ディレクターやエンジニアとのコミュニケーションに課題をもっている人、そんな方の参考にしてもらえたら幸いです。

More Slides